2015年9月9日 更新

髪をすくって?知らなきゃ大失敗!自分で髪をすく方法

髪のボリュームが多すぎて・・・。もっと髪をふんわりさせたいから・・・。という理由から、美容院で髪をすいてもらっていませんか?「髪をすいてください」お願いする前に自分の髪のコンディションを見てみましょう。

233,903 view お気に入り追加 0
 (23267)

髪をすいたけど・・・すいたのバレバレ
美容院に行かなくてもすきバサミって売ってますよね。
自分で髪をすいて失敗する前に、
「髪をすく」ということについて勉強してみましょう。

髪をすくメリットは?

髪の量が多いと判断して、美容院で言っていませんか?
「髪をすいて下さい。」

実は単なる髪のボリュームを減らすというだけではなく、デメリットもあります。
デメリットを知ったうえで、自分で髪をすいてみましょう。
毎日3つの予防をするだけで白髪とはさよなら出来る! ? | 美肌女子のための美容・コスメ情報サイト-CosmeHouse(コスメハウス) (23264)

「髪が多くて洗うのも乾かすのも大変」
すけば毛量が減るので、洗うのも乾かすのも楽ですよね
メリットは、“簡単に早く軽くなる”ということです。髪質やヘアスタイルによっては、すくのが適切な場合もあります。

髪をすく前に知っておこう、デメリット!

美容師のハサミ 【廿日市 美容室 シャノアール】 | 廿日市の美容室/美容院 - シャノアール (23265)

すきすぎることのデメリット6つをまとめました

・クセがでやすくなる
・跳ねやすくなる
・湿気で広がる
・生活ダメージで痛みやすくなる
・パサパサする
・枝毛ができやすい
髪の毛のすき方によっては、ボリュームを抑えるどころか、むしろ、ボリュームが増えてしまう場合があります。
髪を梳くときはその梳き方によってはスタイリングがうま
くいかないようなことになってしまうこともあるからです。

短い髪と長い髪が交互に重なって表面がデコボコになってしま
ったり、短くカットした髪が上の長い髪を押し上げる形になって
しまったりと(特にこんな場合だと最終的に髪のボリュームが余
計に増えてしまうことにもなりかねません)。
 (23260)

赤丸の部分はツヤツヤで綺麗に見えますが
青丸の部分は赤丸部分と比べるとツヤが見えません。

これは傷み云々ではなく、根元付近はすいていなくて
毛先部分をすきすぎているからなんです。
髪質によってはすくことでツヤがなくなったりパサついたり、毛先の重みがなくなり過ぎてまとまりが悪くなってしまうことがあります。
梳きばさみっていうのは枝毛を作ってしまう原因になってしまうんですよ。
30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

髪の育成に必要な「エストロゲン」を減らしちゃう食べ物

髪の育成に必要な「エストロゲン」を減らしちゃう食べ物

40代に見られる髪トラブルは、原因が女性ホルモン(エストロゲン)の減少にあります。薄毛、髪のコシがなくなった、髪にボリュームがなくなった時には、エストロゲンに注目してみましょう。エストロゲンを減らす食べ物もあります。
にんまり | 8,226 view
髪のトップにボリュームを出す簡単な方法

髪のトップにボリュームを出す簡単な方法

髪のトップにボリュームがないと、一気に老けた印象になってしまいます。髪のトップにボリュームを出す簡単な方法は?
にんまり | 37,646 view
髪がべたつく原因は?オイリーヘア改善で美髪をキープしよう

髪がべたつく原因は?オイリーヘア改善で美髪をキープしよう

髪がべたついてしまうオーリーヘアに悩まされる方は多いのではないのでしょうか。髪がべたべたしていると気分を憂鬱になってしまうでしょう。このオイリーヘアの原因は日常生活と関係していることもあります。髪が脂でべたついてしまう原因と、改善方法を紹介します。
みあ | 54 view
秋に髪の抜け毛が多くなるのって普通なの?普通じゃない?

秋に髪の抜け毛が多くなるのって普通なの?普通じゃない?

夏が終わって大分過ごしやすくなってきましたが、その一方で抜け毛にお困りの方も多いのではないでしょうか?季節ごとに髪が抜けやすくなるのは特別不思議なことではありません。とはいえ、じゃあ大丈夫か、と油断するのも危険です。
ぱげ | 292 view
【流行】秋のトレンドヘアカラーはピンクとブルーです!

【流行】秋のトレンドヘアカラーはピンクとブルーです!

ファッションにトレンドカラーがあるように髪色にもトレンドヘアカラーがあります。今年はピンクとブルー。流行に乗り遅れないためにもばっちり予習した上で、その色に合うファッションやヘアスタイルなども模索しつつ、自分らしいオシャレをするよう心がけましょう!
ぱげ | 206 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

にんまり にんまり